〔YoonBradley〕大平原 F10530×455mm 注文殺到 全商品送料無料で、提供します

43002024

〔Yoon.Bradley〕大平原 F10(530×455mm) 注文殺到! 全商品送料無料で、提供します!!

〔Yoon.Bradley〕大平原 F10(530×455mm)                                                                                                                             注文殺到! 全商品送料無料で、提供します!!

【商品名】【Yoon.Bradley】大平原 F10(530×455mm)



■関連商品



本商品のサイズ、色違い、関連商品はこちら


■商品内容



観る人の心を癒すアート作品。
上品で知的かつ高級な雰囲気を醸し出します。
家庭やオフィス・店舗に飾るインテリアとして最適です。
贈り物としてもご利用下さい。



■商品スペック



【商品名】
【Yoon.Bradley】大平原 F10(530×455mm)
【サイズ】
F10(530×455mm)
【販売元】
株式会社偕拓堂アート
【注意事項】
※PCのディスプレイによっては実際のカラーと異なる場合がございます。
 




■送料・配送についての注意事項



●本商品の出荷目安は 【3 - 11営業日 ※土日・祝除く】 となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分 【TS2005】 です。同梱区分が 【TS2005】 と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●沖縄、離島および一部地域への配送時に追加送料がかかる場合がございます。

yhygy yhygz yhygu yhygw yhygf yhygg yhyga yhygi yhygj yhyah yhyay yhyaz yhyau yhyaw yhyaf yhyag yhyaa yhyai yhyaj yhyih

強迫性障害

強迫性障害(OCD:Obesessive Compulsive Disorder)は、強迫観念(ある考えにとらわれてしまう)と強迫行為(ある行為を繰り返し行ってしまう)を主とする疾患です。

典型的な症状として

「家の鍵がかかっているのか不安になり、何度も確認してしまう」
「手の汚れが気になり、何度も手洗いをしてしまう」

などがあります。

生涯有病率は1~2%前後と言われており、決して珍しい疾患ではありません。

強迫性障害は、本人自身も「なんでこんなバカバカしい事を考えてるんだ」「こんな事、何度もやっても意味ないのに・・・」と分かっているのに、それでも不安や恐怖が勝ってしまってやめられないという事が多く、本人は非常に苦しい思いをします。

この強迫性障害、なぜ生じるのでしょうか。

今日は強迫性障害が生じる原因についてみてみましょう。

目次

1.強迫性障害(OCD)とは?

強迫性障害の原因について考える前に、まずは強迫性障害がどのような疾患なのかを簡単にお話します。

強迫性障害は・、強迫症状を主とする疾患です。強迫症状には、

があり、これが強迫性障害の中核症状となっています。

強迫観念とは、ある考えやイメージが頭から離れず、繰り返し考えてしまう事です。考える対象は多岐にわたりますが、多いものに汚染恐怖と加害恐怖があります。

汚染恐怖は「汚れてしまったのではないか」という恐怖で、例えば外出先で手すりに触ったら「手が汚れてしまったのではないか」という考えが浮かび、それが頭から離れなくなるといった事です。加害恐怖は「自分が誰かを傷付けてしまったのではないか」という恐怖で、例えば車を運転中に「誰かを引いてしまっていないだろうか」という不安が消えなくなってしまうといったことになります。

強迫行為というのは、強迫観念などに基づいて何度も同じ行動をしてしまう事です。。「ガスの元栓を閉め忘れているのではないか」「家の鍵を閉め忘れたのではないか」と不安になり何度もガスの元栓や家の鍵を確認しに戻ったり、「車で人を引いてしまったのではないか」と不安になり、ちょっと運転するたびに「何も引いていないよな」と車から降りて確認したりします。強迫行為の多くは、強迫観念の不安・恐怖を打ち消すために行われます。

2.強迫性障害はなぜ起こるのか

強迫性障害という疾患について、かんたんにですが説明させて頂きました。

では、この強迫性障害の原因は何なのでしょうか。なぜ発症するのでしょうか。

実は、発症の明確な原因というのはよく分かっていません。

強迫性障害は、他の精神疾患と比べても発症の原因はとりわけ分かっていない疾患です。多くは明らかな原因なく生じます。

しかし手がかりが全くないわけではありません。現時点で分かっている強迫性障害の原因について、いくつか紹介します。

Ⅰ.ストレス

強迫性障害は原因なく生じることもありますが、何かストレスになるような事があった後に発症してしまうことがあります。

「ストレス」というと漠然としていますが、本人がストレスと感じたものは全て原因となりうるため、その内容は多岐に渡ります。

・仕事のストレス
・学校のストレス
・家庭のストレス
・自分の健康への心配

など、本人にとってストレスとなる事は何でも原因となりえます。

また幼少期の虐待なども強迫性障害のリスクを高めると指摘されており、これも幼少期の大きなストレスが発症の一因になっているものと考えられます。

女性では、特に結婚や出産といった機会が多くなる20代中盤に発症しやすいことが分かっています。これも結婚・妊娠・出産といった環境変化のストレスが発症の一因になっている可能性があります。

Ⅱ.遺伝

強迫性障害は遺伝するのでしょうか。

強迫性障害には遺伝の要素が多少あることが考えられます。特に若いうち(未成年)で発症してしまった強迫性障害は遺伝の影響が大きいと考えられています。

一度親族に強迫性障害の人がいる場合は、そうでない場合と比べて強迫性障害を発症する確率は2倍多くなります(成人の場合)。これは遺伝の影響が多少ある事を表しています。

【一度親族】
自分の親、子供、兄弟姉妹を指す。自分と遺伝情報が50%同じである人達のこと。

Ⅲ.チック障害

強迫性障害は、チック障害を合併している事が多くあり(最大で約30%)、この2つは深く関連しているのではないかと考えられています。

特に儀式的な強迫行為が主症状となるタイプ(「ぴったり(just right feeling)」タイプとも呼ばれる)ではチック障害との関連が強く指摘されています。

このタイプは、リモコンをテーブルの上に置く時は、位置や角度を「ぴったり(正確)」にしないと気がすまないというタイプです。他のも本を整理する時も、自分の中のルールをしたがって「ぴったり」でないと気が済まず、ぴったりでない場合は何度でも時間をかけて整理しなおします。

チック障害も強迫行為もどちらも「反復行為」という共通した症状があるため、ある程度機序に共通点があってもおかしくはありません。

Ⅳ.性格は?

強迫性障害に性格は関わっているのでしょうか。

以前は強迫性障害は「不安障害」に属する疾患であり、他の不安障害と同様に、

の方に発症しやすいと考えられていました。

しかし近年では、必ずしも元々の性格は発症要因とは関係しないのではないかという指摘もあり、性格と強迫性障害発症の関係は明らかではないという考えになってきています。

Ⅴ.年齢・性別は?

強迫性障害は、どの年代にも発症する疾患ですが、20歳前後に発症する事が多いと報告されています。男女差はありませんが、未成年においては若干男性に多く、成人においては若干女性が多いようです。つまり男性の方が早期発症しやすいという事です。

OCDは発症していても、病院を受診しないケースが多いことが指摘されており、発症は20歳前後であっても病院を受診するのは30歳前後だと言われています。


3.生物学的にみる強迫性障害の原因

強迫性障害が発症したとき、私たちの脳内ではどのような異常が生じているのでしょうか。

実はこれもまだ明確に全てが解明されているわけではありません。ただし、「何も特定できていない」というわけではありません。

強迫性障害では脳に何らかの異常が生じているというのはほぼ間違いなく、様々な部位の異常(体積の増減や代謝の増減)が報告されています。しかし特定の一か所に異常が生じているという単純なものではなく、脳の様々な部位に異常は生じており、それぞれがどう関わっているのかは未だ研究の段階にあります。

またどうやら強迫性障害にも様々なタイプがあるようであり、そのタイプによって障害されている部位が異なっているようなのです。このような事もあり、強迫性障害が生じている時の脳内変化の研究はまだ途中段階にあります。

現在のところ、脳の皮質-線条体-視床-皮質回路(CSTC回路)の異常が指摘されています。皮質の中でも眼窩前頭皮質(OFC)と呼ばれる部位の過剰な活性化が生じ、それによって線条体・視床を抑制することができなくなり、CSTC回路が正常に動作しなくなることによって、強迫症状が出現するのではないかという考えです。

線条体は習慣的な手順を無意識で選択・調整するという機能を持っているため、ここに異常を来たすと、反復行動(確認行動)が多くなる可能性があります。

ちなみに先ほど紹介したチック障害も線条体系の異常が指摘されています

また、強迫性障害にはセロトニンが大きく関わっていると考えられています。これは脳のセロトニンを増やすはたらきを持つ抗うつ剤(SSRIや三環系抗うつ剤)が、強迫性障害に対して効果を認めるからです。しかし具体的にセロトニンがどう関わっているのかについてはまだ明らかにはなっていません。

年功序列制度と成果主義の意味やメリット、デメリット。どちらを望む?

日本の会社の特徴である終身雇用制度と年功序列制度。

そのうちの一つである年功序列制度が廃止され、成果主義を導入する会社が増えてきました。

有名なところでは日立が年功序列制度を廃止し成果主義を導入することを発表し、ソニーやパナソニックも廃止を検討しているという報道がありました。

あなたは年功序列制度と成果主義、どちらを望みますか?

まずは 年功序列制度と成果主義の意味やメリット、デメリットをしっかり確認しましょう。

関連: 終身雇用制度のメリット、デメリット。若者は終身雇用制度を望んでいる。

おすすめ記事: 転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事: 転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

目次

年功序列制度とは

年功序列制度について、解説していきましょう。

年功序列の意味

勤続年数、年齢などに応じて役職や賃金を上昇させる人事制度・慣習のことを指す日本型雇用の典型的なシステムである。その他、個人の能力、実績に関わらず年数のみで評価する仕組み一般を年功序列と称することもある。

年功序列制度は、加齢とともに労働者の技術や能力が蓄積され、最終的には企業の成績に反映されるとする考え方に基づいている。

引用: Wikipedia

多くの会社で導入されている年功序列制度。

長く働けば、働くほど、歳をとれば、歳をとるほど、役職はあがり、賃金は上がっていくという制度です。

長く働き、歳をとればとるほど、経験が積み重なりその人の能力はアップし、企業に貢献できるようになるという考えの元にできています。

終身雇用制度とあわせて考えられることが多いです。

年功序列制度のメリット

年功序列制度のメリットはなんといっても将来への安心でしょう。

いずれは出世できる。いずれは給料があがる。ということがわかっていることは安心感につながります。

また、家庭をもつと、子供が成長するほどにお金はかかるようになるものですが、成長とともに給料はあがり、出費の増加に対応できることから、 将来設計がしやすくなります。

自分よりもかなり若い人間に先に出世され、使われるというような辛いことも起きにくく、 精神的な負担は軽い です。

また、周囲との競争関係があまりないため、 チームワークを築きやすい です。

年功序列制度のデメリット

若い人たちのなかには、年功序列制度にデメリットを感じている人も少なくないのではないでしょうか。

勤続年数が短かったり、年齢の若い人にとっては、どれだけ実力があっても、 どれだけ成果をあげても給料はなかなかあがらない。

また、たいして成果をあげていない年のとった人たちは高い給料をもらっている。

これではモチベーションは下がってしまう一方です。

そして、不満を感じる優秀な人材が他の企業にいってしまいます。

年長者にとっては、たいして頑張らなくてもお金はもらえる為、必死に成果をあげることは無くなり、会社の利は落ちてします。

また、今のような少子化では、若者が少なく年長者が多くなり、会社全体の人件費が高騰してしまいます。

成果主義とは

成果主義について、解説していきましょう。

成果主義の意味

企業において、業務の成果のみによって評価し、それに至るまでの過程(プロセス)は無視して、報酬や人事を決定すること。

引用: Wikipedia

最近、色々な会社で多くなってきました。

給料や昇進を、勤務年数や年齢で決めるのではなく、仕事の成果によって決定するという考え方。

成果をだしてなんぼというわけです。

成果主義のメリット

成果主義のメリットは、やればやるほど、成果をだせばだすほど、自分自身に給料などの面で報酬を与えられるという点です。

年齢に関係なく、頑張って成果をあげれば給料があがる、出世できるとなれば、成果をだす為に頑張ります。

各個人がこの考え方を持てれば、会社側としても会社全体の成果があがり、利益につながります。

また、年功序列と違い、成果で決まるとなれば、 他の会社からも優秀な人材は集まります

成果主義のデメリット

営業成績など、成果が目に見えるものであればいいですが、

そうではなく成果が明確に見えない仕事のほうが多いです。

そうなると、 間違った評価 につながりかねません。

また、各個人が成果を出すことに走るため、 チームワークを築くことが難しい です。

さらに目先の目立ちやすい成果を得られる仕事だけに行きがちで、影に隠れた大事な仕事などを実施しなくなってしまいます。

しかし、これでは仕事はまわりません。

年功序列と成果主義、あなたはどっちがいい?

年功序列と成果主義。どちらもメリット、デメリットをそれぞれ持っています。

あなたはどちらがいいですか?

若者であれば、成果主義がいいと言い、

中高年であれば、年功序列が言いというでしょう。

また優秀な人であれば、成果主義がいいと言うし、

優秀な人でいられなかった人であれば、年功序列が言いといいでしょう。

どちらが正しいということではありません。

それぞれにメリット、デメリットがありますから。

しかし、グローバル化が進み、少子化が進んでいるこの時代では、

日立だけではなく、他の会社にも浸透してきても全くおかしくはない話です。

私たちは、どこの会社にも通じる人間、価値ある人間を目指さなくてはなりません。

振りきれた性格のひと、マイノリティになってしまうタイプのひとは、しばしば人間関係で悩みます。
あるいは世間体や恥というものに対しての考え方がまわりとズレており、反りが合わないということも。

そのようなゼロイチな点について、わたしとしては克服する必要はないと思います。
あえて克服しないとでもいいましょうか。
まわりとの関係が多少ギスギスすることはあっても、長い目で見た場合にはふつうよりもいい結果を出しやすいです。

目次

個性は局所で光る

極端な性格、マイノリティになってしまう性格というのは、農村型ムラ社会においては居づらいものです。
しかしそのような性質は、裏を返せば

というようなものがあります。
全部が全部とはいいませんが、マジョリティに属さないタイプのひとにはこういうのが少なくありません。
体感的に、そのようなタイプのひとというのは自分でノウハウを覚えたり、短期的・狭い分野における集中力については得意というのも多いです。

また普通のひととのちがいは、多くのひとが通る「道」を歩かないというのをしばしば引き起こします。
すなわち平凡なやり方を好まないということもあり、時として勝負師になることもあります。
極端な話をすれば、10個ぐらいチャンスがあったら、普通のひとはリソースを均等に割り振ってしまいます。
これに対してマイノリティになってしまうひと、振りきれた性格のひとは自分の得意なところ、いけると感じたところにリソースを集中というのもめずらしくありません。

勝負師になりやすいこと以外にも、1週間、1ヶ月といった短期間に集中してこなすスタンスを得意とする、チャンスを与えられるのではなく見つける・作ってしまうというのもあります。
とにかく、マイノリティになってしまう、性格が振り切れているひとというのはそれだけ普通とはちがった特性を持っており、まわりとはちがう部分が必ずしもマイナスになるわけではないのです。

極端さをかかえるマイノリティがどうやって生きていけばいいかといえば、自分が勝てる土俵を探すしかありません。
そのため土俵の探し方や立ち回りについては生きていくうちに覚えますし、そのような個人プレイ的な思考回路ができあがっていきます。
それどころか短期集中やニッチの発見というのが染み付いてしまい、普通のひとには理解できないような形でこなすスタイルが身につくことも。
常人には理解できない方法でやれるというのは武器になります。

そしてマイノリティのひとが結果を出すにあたっては、「最後に勝つ」という流れになることもめずらしくありません。
一般的な視点から見た場合、普通とはちがったやり方というのはまったく理解できなかったり失敗するように見えるもの。
しかしながらやっている本人としては方向性や流れが見えており、勝ちパターンを意識していたりします。
やり方そのものが常人には理解できないため、「結果が出るまでは叩かれまくる、けど最後は大逆転」みたいなのはザラです。

マイノリティとしてやっていくには、それ相応の心構えを持っていた方がいいのは事実です。
マイノリティのひと、自分なりのやり方を確立しているひとにとって批判の9割は役に立ちませんし、結果が出るまではこれでもかというほどいじめられます。
孤独や批判に潰されないためには、あらかじめ構えておくとやりやすいです。

極端な性格のひとが身につけるべきもの

振りきれた性格のひと、マイノリティになってしまうひとは

あたりを身につけるとイイ感じ。
何も考えなければ叩かれて終わってしまいますが、自分の軸を持ち、かつこれらを身につけ動いていくことで、叩かれながらも勝負をすることができます。

ここらへんの能力が全部一定レベル以上まで身につけば、批判が飛んでこようがまあ何とかなります。
こういうのがないからこそ軸がぶれるのであって、マイノリティが下手に八方美人しようとすると何も残りません。
それよりかは振りきれていた方が最終的に結果が出やすく、自分なりのやり方で取り組む姿勢もわすれてはなりません。

基本は忍耐

みんなとちがう方法で物事に取り組む場合、結果の出方がちがってくるのはよくあることです。
みんなが結果出ているなかで自分だけ出ていないとかもザラにありますので、結果が出るまで耐えるぐらいの忍耐は必要。
また自分のやっていることに正しさを持たせるためにも、継続についての忍耐力も欠かせません。
つまるところ、 マイノリティは結果がすべて であり、結果が出るまでは辛抱です。

また振りきれた性格というのは受け入れられないもの。
人間関係のなかで孤立してしまったり、自分だけ超スピードで進めてしまうというのはよくあることです。
まわりがついてこない、理解してもらえないというのは、一般人に理解できないような方法でやっていれば当然のこと。
みんなが理解できないようなことをできるからこそ、少数の人間が大きな利益を得られるのです。

周囲とちがう条件ややり方で取り組むにあたっては、失敗するのではという不安に襲われるでしょう。
しかしそうだからこそ普通にやっていては出せないぐらいの結果を出せるのです。
チャレンジという視点でみれば、振りきれた性格のひとは独特なやり方で取り組むことで突出した結果を出せるので、普通のひとと比べて有利。
みんなとちがう、成功例が少ない、前例がないという状況下でもやり抜くことで、自分のやってきたことの正しさを証明できるのです。

フレームワークを身につける

マイノリティになっちゃうひと、性格が振り切れているひとは、フレームワークを使えるようにしておくといいでしょう。
ロジカルシンキング本に書いてあるようなものでいいので、自分の扱いやすい思考法を身につけておけば、ありあまるパワーをいい方向に向けられます。

振りきれた考え方、極端な取り組み方というのは、持っているエネルギー自体はすごいんです。
だからこそ正しい方向に使えたときには飛び抜けた結果を出しますし、失敗したときにはゼロというのもめずらしくありません。
そこにあるのはリソース全投入であり、方向の正しさが求められるもの。
そこでモレなくダブりなくという姿勢で計画を立てることによって、持っている力を結果が出る方向に使えます。

どこが障害となるか、どこに落とし穴が潜んでいるかを考えるのは、リスクを減らすにあたっては普通。
考えるにあたってはフレームワークを使って考えるのがよく、モレのない思考につながります